ABOUTあおぞらの理念

「患者の心の串を抜く。」

患者は(心)に(串)を刺された者と書きます。医療の役割はこの串を抜き去り、本来の心を持った者にすることであると考えます。

病気を治すだけではなく、その患者さんの困っていること(心に刺さった串)は何かを共に考え、解決していきます。

その為には、患者の立場で考えることが必須です。同じ地平に立ち、同じ目の高さで考えて、よく話し合います。

院長挨拶

院長 櫻井 和弘

医療の目的は、患者さんの幸せな時間を増やすこと”を信条として、より患者さんに近い位置で診療を行いたいとの思いで、診療の場を訪問診療に移して、患者さんの為に尽力していきたいと考えています。皆さま、宜しくお願い申し上げます。

あおぞら在宅診療所 川崎あさお 院長 櫻井 和弘

院長略歴

平成8年 筑波大学医学専門学群卒業
大学卒業後千葉大学第三内科(循環器病態学)に入局。平成13年まで多摩南部地域病院などで循環内科医として勤務する。
この頃より終末期医療、高齢者医療に興味を持つ。平成14年稲城台病院に内科医として就職。内科療養病棟、精神科合併症病棟にて診療を行った。
平成27年より発足した稲城市認知症疾患医療センターにも参加し、センター長を務めた。また関連施設の有料老人ホームの嘱託医を平成15年より勤め、ホームでの看取りも行ってきた。

あおぞらの特徴

  1. 1.大病院だけでなく、山間地等のへき地医療の経験も活かしています。
  2. 2.患者様、ご家族様とのコミュニケーションを大事にします。
  3. 3.複数医師体制、訪問看護との連携により、24時間365日対応します。
  4. 4.訪問診療で対応できない急変時には、迅速な判断の上で搬送病院を確保し、病院先とスムーズな連携を行います。

あおぞらの軌跡

2014年11月 ホームケアクリニック城南(現あおぞら在宅診療所城南)開業。(東京都品川区)
2016年1月  あおぞら在宅診療所富谷仙台開業。(宮城県富谷市)
2016年4月  医療法人社団交鐘会設立。(東京都品川区)
2016年6月  あおぞら在宅診療所多摩開業。(神奈川県川崎市)
2016年7月  ホームケアクリニック城南を、あおぞら在宅診療所城南に改名。
2017年8月  あおぞら在宅診療所仙台東開業(宮城県仙台市)
2018年8月  あおぞら在宅診療所大阪はなてん開業(大阪府大阪市)
2019年9月  あおぞら在宅診療所仙台南開業(宮城県仙台市)
2019年10月 あおぞら在宅診療所川崎あさお開業(神奈川県川崎市)
医療法人社団交鐘会
あおぞら在宅診療所 城南
あおぞら在宅診療所 多摩
あおぞら在宅診療所 川崎あさお
あおぞら在宅診療所 富谷仙台
あおぞら在宅診療所 仙台東
あおぞら在宅診療所 仙台南
あおぞら在宅診療所 大阪はなてん